大学生になってやってよかった9つのこと「普通の大卒目線」

今年の春から大学生だけど、いまいち何をしようかわからないし迷っている。
そんな方たちに向けて4年間でやってみてよかったことをまとめてみました

友達を作る

当たり前の事なんですけど、大学に入ったときはこれが一番不安でした。

何かのタイミングで声をかけてもらってそこから友達ができたりしましたが、仮に出来ていなかったら卒業出来ていないんじゃないかなと思うほどです。

「大学生活を楽しみたい」「ちゃんと4年間で卒業したい」と思うのであれば友達作りは大切です。

入学式やオリエンテーションでできる事が多いと思いますが、今年はなかなかそうはいかないと思います。

おすすめはTwitterなどSNSで「#春から〜大」のようなハッシュタグを検索して同じ大学に入学する人を探す事です。

実際それでなんとなく知ってくれてて話しかけてもらったりなんていうこともありました。

出会うきっかけはなんでもいいです。出会ってからが大事なんで。

サークルに入る

自分の学生生活の中でかなりの時間を過ごしたのがサークルです。

サークルに入ったきっかけは友達の付き添いで行ってみたら、なんとなく抜けづらい雰囲気になったからでした。

最初は嫌嫌行っていました。けど最終的には入ってよかったなと思っています。

サークルに入ってなければ大学生活楽しくなかっただろうし、友達も後輩もそんなにいなかったんじゃないかなと思っています。

「サークルってめんどそう」って思う人もいるかもしれません。実際自分はそうだったので。

合わなかったり、楽しくなければやめていいと思います。サークル以外でも楽しいことなんてたくさんあると思うので。

お酒を経験する

最近は飲めないと困ることもないと思うんですが、これも大学時代に経験してよかったことです。

何が大事かというと「飲めるか飲めないかの判断」と仮に飲めるとして「自分の限界を知る」という事が大事です。

お酒の失敗って聞いた事ありますよね?お酒を飲むと酔っていろいろやらかしてしまう事も多いんです。

よくなるのは「二日酔い」ですね。二日酔いになると飲んだ次の日1日潰れます。

お酒の失敗は大学生なら大体の事は許されると思います。今の大人もそうやって成長していると思います。

ただ社会人になってからのお酒の失敗でかなりイタいんですよね。仕事にも影響が出るので。

大学生のうちに自分がどれくらい飲めるのか把握するということは重要な事だと思います。

一人暮らしする

これが一番経験してよかったことです。一通り家事が覚えられるので生活力もあがります。

将来結婚願望がある方は生活力って必要な要素だと思います。最低限自分の事は自分で出来ないと結婚してくれた相手が大きな子供抱えることになりかねません。

あとは友達を自由に呼べるのはシンプルに楽しいです。呼びすぎても溜まり場にされるので注意。

旅行する

大学生の期間って「人生の夏休み」ってよく言われると思います。

理系学生は実験、レポートなどでかなり忙しい大学生活になると思いますが、文系大学生はやること見つけないとだらだらして1日が終わるなんて事もあります。それくらい時間が有り余るんですね。

自由に旅行に行けるのは時間がたっぷりある大学生の特権です。自分の行ったことのない場所にいくと新鮮で癒されますよ。

好きなことを勉強する

繰り返しになりますが、大学生は時間がたくさんあります。好きなことに没頭できるのもこの4年間しかないと思います。

大学でも学びたい分野を学べる学部に進学するとは思いますが、自主的に学習しておくと3,4年生になってゼミや研究室に所属するときに周りより一歩先の段階へいけます。

僕はwebデザインを1年生の入学時から勉強していて、卒業制作ではひとりでアプリを作れるくらいには勉強しました。もちろん楽しかったのでずっとやり続けられました。

大学生は好きなことをとことん突き詰めるいい期間だと思います。

髪を染める

これは高校を卒業してすぐにやったことです。

小中高とずっと校則で縛られていたので個人的にはいちばんやりたかったことです。

髪を染めることは大学生のうちでも限られた期間したできません。

就活があるからです。

就活やインターンが始まる3年生あたりからはみんな黒髪に戻ります。

なので2年生か三年生の前期あたりまでしか染められないんじゃないかと思います。

染めることに関して興味がなければする必要はないと思うのですが、社会人になってから染めてみたかったと後悔している人も少しはいたりします。

なるべく後悔のないように一回くらい体験してみるのもいいかと思います。

服に気を遣う

恋人が欲しいのであれば重要。

とてもおしゃれになる必要はないとは思います。

ただ服に気を使って「清潔感」を出すことは人付き合いにもいい影響を与えてくれます。

人は見た目が全てではないですが、見た目というのは一番最初にみられる部分です。

それなりに整えておかないと恋人は出来ないかなと思います。

バイトする

言わなくとも誰もが経験することとは思います。

高校生の頃からしている方も多いと思いますが、進学校の人であれば初めての体験する子も多いと思います。

バイトなんて時間を売っているなんて意見も多々ありますが、経験して悪いことはなにもないと思います。

初のバイト代って結構嬉しいものです。

僕は飲食店だったり引っ越し、スーパーなどいろいろやってみましたが、接客だったり人付き合いに関してはとてもいい経験でした。

働く楽しさも多少味わえてとてもいい経験でした。

まとめ

以上が大学生のうちに経験してよかったことです。

主観で書いたことばかりですが、経験して悪いことは何一つないと思います。

共通して言えることは「新しいことに怖がらずにやってみる」ということです。

怖気づいて何もしない方が怖いです。

どんなことでも挑戦してみるのが一番です。それで失敗してもいつかは笑い話に変わります。

参考にしてくれたら幸いです。

今回は以上です。