動画編集に必要なパソコンのスペックは?スペックの見方も解説!

2020年は動画編集の副業が稼げるしPremier Proを使えるようになりたいけどどんなPCを買えばいいかわからない。

こんな悩みを解決していこうと思います。

この記事を書いている僕はここ数年メインのPCは自作PCを作っているのでそれなりにPCに対して知識があります。

 

Premiere Proの要件

youtubeでよく使われている動画編集ソフトはPremiere Proです

その他にはMac OS専用のFINAL CUTがあったり、最近ではAdobe Rushという簡易版の動画編集ソフトも出てきました。

今回はPremiere Proを使うために必要なスペックを参考にPCを選んでいきたいと思います。

Premiere Proを使用するのに必要なPCの仕様は以下の通りです。

 

 

今回はPCの性能に大きく影響する「CPU」「GPU」「メモリ」「ハードディスク」に絞って説明していきます。

 

最小要件と推奨要件

最小要件とは「ソフトやシステムが最低限動作するための条件」です。

最低限動くだけなので快適とは言えません。

快適な動作も求めるのであれ「推奨要件」を満たす必要があります。

 

CPUとは?

Central Processing Unitの略で、必ずパソコンには搭載されています。

CPUは人間でいう脳の部分に当たります。

主にPCの演算処理を行っている部分です。

OSの動作、マウス、キーボードの入力装置の動作などすべての動作を担っています。

脳で命令して、手や足を動かしているといえばイメージしやすいでしょうか

動画編集ソフトに限らずPCの動作の快適性に関わってくるのでCPU選びはとても重要です。

 

CPUのスペックの見方

CPUのスペックの見方を説明していきます。

例えばCPUには4770や2700などの数値がついています。

主にこの数値からおおよその性能を図ることができます。

今回はPremiere Proを快適に使用するためのCPUを見ていこうと思います。

Premiere Proの推奨要件では「Intel® 第 7 世代以降 CPU または同等の AMD CPU」と書かれています。

これはどうゆうことかというとcorei3-7-7xxxと表記されているCPUのことです。

例でいえば「core i7-7700k」のような感じです。AMDであればこの世代のCPUと同等の性能を持ったCPUということになりますね。

CPUの性能にスレッド数や、クロックなど指標になるものはありますが初心者にはわかりにくいですよね。

なのでできるだけ簡単にCPUの性能を知れるサイトを紹介します。

おすすめはpassmarkです。

passmarkはCPUだけでなくGPUの性能も数値化されているのでわかりやすいかと思います。

passmarkのトップページに[Benchmarks]というタブがあるのでそこからCPU性能表が見られます。

第7世代CPUの一番性能が下のCore i3-7100であれば5772です。

つまり「passmarkで5772以上のスコアを持ったCPUであれば推奨要件を満たす」ということになります。

パソコンを買うときにCPUの型番をpassmarkで検索すればスコアがでてくると思うので参考にしてみてください。

パソコンに搭載されているCPUは主にAMD製とintel製の二種類があります。

macに搭載されているのはintel製のCPUのみです。

windows機も大半がintel製ですが、最近ではAMDのRyzenシリーズのCPUも人気で搭載されているPCも多いです。

 

インテルかAMDか

windows機であればインテルのCPUとAMDのCPUどっちがいいの?という悩まれる方もいると思います。

おすすめはintelのCPUです。なぜかというと安定性やadobe製品との相性です。

AMDもRyzenシリーズは性能も上がってきていますが、Macでは依然としてintelのCPUを搭載していますし、Adobe製品と相性が悪くて動作しないなどの動画も見受けられました。

僕も旧世代のAMDのCPUを使っていますが暴れ馬のようです。うまく使うのにはそれなりの知識が必要になります。

要はAMDは玄人向けです。PCに詳しくない方はintelのCPUを使うことをおすすめします。

 

corei3-9の違い

intelのCPUにはcoreiのあとに3.5.7.9のいずれかの数字がついていると思います。

基本的に数字が大きい方が処理性能は高いです。

Premiere Proを動かすのであればおすすめはcore i5より上がおすすめです。

core i3は基本的にはネット検索、エクセル、ワードなどでの事務処理などを使用用途としています。

なので動画編集のような作業には向いていないことが多いです。

 

メモリとは?

メモリとはデータやプログラムを一時的に保存しておく記憶装置です。

これだけではあまりピンと来ないと思います。

例でいうとメモリを作業台、メモリの容量をその作業台の大きさと考えます。

勉強するときや何か作業するとき本や道具をたくさん広げますよね?

作業台が大きければ大きいほどいろいろ広げられて効率よく進めることができますよね。

これと似たようなもので、メモリも容量が大きいとたくさんのことを同時にできるようになります。

iPhoneで言えばメモリ容量が大きければ大きいほどたくさんのアプリを開いても快適に動作します。

 

どれくらいの容量があればいい?

ではPremiere Proを動かすにはどれくらいの容量が必要か気になりますよね。

おすすめは32GBです。最低でも16GBは必要だと思います。

8GBだとChromeで何個かwebサイト開いただけで限界に達してしまいます。

とてもじゃないけどPremiere Proは動かせません。

推奨要件でも16GBまたは4kを扱うのであれば32GBと表記されています。

その他にメモリの性能を示すものに「メモリ規格」や「動作クロック」などがありますが、自作PCを作られるようなこだわりを持った方でなければあまり気にしなくてもいいです。

メモリは容量が一番大事ですので。

 

グラフィックボードとは?

簡潔にいうと「モニターに映像を出力するためのパーツ」です。

ただモニターに映像を出力するためであればCPUだけで必要十分です。「オンボードグラフィック」とも言われています。

ただしゲームをするときや、映像編集するときにはCPUのグラフィック機能では不十分なので別途でグラフィックボードを設置する必要があります。

グラフィックボードなしだとどうなるか?

グラフィックカードが載っていない状態だとPremiere Proはどうなるかというとソフト自体の動作が遅かったり、表示に問題が出る場合もあります。

Photoshopでは対応したGPUが搭載されていないと以下のような事が起こると書かれています。

動作しない機能もあると書かれているくらいグラフィックボードは必要なパーツだと言えます。

 

GeForceかRadeonか

グラフィックボードには主にGeForceとRadeonの二種類があります。

GeForceというシリーズは主にゲーム用途で使われる事が多いです。

GeForceはDirectXとも相性が良いとされ、GPGPUを搭載したCUDA機能が備わっています。

ゲームでは背景・人物など、細かな描写処理への評価は高いと言います。

またGeForceを発売しているNvidiaという会社からはクリエイター向けのQuadroというシリーズのグラフィックボードも出ています。

QuadroのほうがCADや3DCGを制作することを得意としていますが、費用がかなりかかるので、個人で使われている方は少ないです。

もうひとつRadeonというグラフィックボードがあります。

こちらは最近のMacによく搭載されているものですね。

Radeonのビデオカードはコストパフォーマンスに優れ、動画関連では人気のあるグラフィックボードです。

動画再生支援機能もあり、「映像を表示する」という面では優れています。

GeForceかRadeonどっちを選べばいいのかというと結論は「どんな動画を作りたいか」によると思います。

価格を抑えたかったり、フルHDの動画編集であればRadeon、4kや高解像度の映像編集、3DCGを制作するのであればGeForceといったところでしょうか。

どっちを選んでも最近のグラフィックボードであればPremiere Proは対応していますし、とりあえず積まれていればいいと簡単に考えても問題はないかと思います。

 

まとめ

長々と書いてきましたがPremiere Proを動かすのに必要なPC選びは以下を参考にしてみてください。

CPUはcorei5以上で7000番以上のもの。

メモリは16GB または32GB

グラフィックボードはGeForceRadeonはどちらでも。ただし自分の制作したいものによって選択を変えること。

です。

こまかな説明をたくさん省いて書きましたがPCを選ぶ指標にはなると思います。

今回は以上です。